バイアグラに勝るものなし!頂点を極めたED治療薬

偉大なバイアグラ

イーライリリーのシアリスや、バイエルのレビトラであったり、現在ではED治療薬も様々な種類がありますが、最初に発売されたED治療薬がバイアグラであるということはご存知でしょうか?
ここでは今なお、自分はこれでなければならない!という熱烈なファンもいる、そんな偉大なる先発薬についてまとめてみました。

1990年代にファイザー製薬の開発により爆誕したこの薬は有効成分をシルデナフィルとし、もともとは動脈硬化や狭心症の治療薬として開発、研究がスタートしたのです。ところが臨床試験の結果、治験者に勃起の作用が現れたために、当時前例のなかった勃起不全を改善する治療薬として開発が進みました。
そして、1998年のアメリカ合衆国の発売を皮切りに、翌年1999年にはわが国日本でも発売が開始されました。
一部では「夢の薬」などど呼ばれ、まさに瞬く間に世界中にその名を轟かせたバイアグラですが、悪質な業者が粗悪な品質なものを説明もなく販売したものが流通したため、健康被害が出るなど、日本ではどちらかというと良いイメージがない医薬品であるかもしれません。

しかし、特性や副作用をきちんと理解して使用すればこれほど勃起不全に対して有効な医薬品もないと私は思います。
まず、シアリスやレビトラにはない特性として、圧倒的な勃起力があります。どちらかというとナチュラルな勃起を誘発させるシアリスやレビトラと違い、バイアグラのそれはとにかく強力なのです。勃起時の硬さや大きさであれば右に出るものはないでしょう。人によっては射精をした直後にもかかわらず、ペニスが萎えることなくハードに勃起し続けているという報告もあります、まさに勃起不全に悩む男の夢たる絶倫を味わえる薬なのです。

副作用としては、他のED治療薬同様、顔のほてりや頭痛、動悸、めまい、鼻づまりなどが一般的には挙げられていて、まれに胃のむかつきや下痢などが副作用として発症したという報告もあります。
成分量に比例して効き目も副作用も強くなるので、自分の体質にあった成分量のものを服用するようにしましょう。
日本で認可されているのは成分量25mgと50mgですが、個人輸入などで海外向けの100mgのものを購入することも可能です。

MENU

偉大なバイアグラ